「鉄隕石」の手入れ

20年来集めてきた鉄隕石のメンテナンス方法です。
別の趣味の「自転車」の掃除と良く似ています。
使うものは画像にあるものがすべてで、道具は金ブラシと歯ブラシのみです。

金ブラシは鉄毛で100円程度、歯ブラシは「かため」で150円程度の安物ですがこれで充分。
洗浄はほとんどの場合「呉5-56」と「歯ブラシ」で足ります。
錆びが厚い場合は「ピカール」と「金ブラシ」でひたすら錆びを取っていきます。

ラッカー落し液は関係無いようですが、これまで展示会などで入手した鉄隕石にコールタールやクリアラッカーがべっとり付いていることも多く、その対策です。

鉄隕石は95%程度が「鉄」分なので、乾燥した場所に保管しておいても「錆」が出てくるのは避けられません。私はたまに磨くのが楽しみの一つではあります。

いずれも手袋は欠かせません。また、ラッカー落し液は揮発性が高いので屋外で使用しないと倒れます。
油が散るので最後のお掃除では画像のクリーナも結構使いますね。

以上の手入れは表面の洗浄レベルなので、鉄隕石の価値を落とすものではありませんが、以前書いた、「登録隕石」などはこんな手入れは決してしていないのであしからず。
a0054416_1215212.jpg

[PR]
by ministopde | 2006-01-29 12:02 | 趣味(隕石)
<< 荻窪 本むら庵 フジキャビン(日本) >>