【ツール・ド・北海道】2006

a0054416_141758.jpg

【ツール・ド・北海道】
「ツール・ド・フランス」はレポートしたとおりドーピングで依然もめていますが、国内では「ツール・ド・北海道」が9月13日から18日まで開催されました。
開催期間は短いですが、自転車ロードレースがマイナー競技の日本ではこれが国内最長の転戦型レースで、1987年以来今年は20回目の大会になります。
レース結果に応じて「個人総合ポイント賞」「個人総合山岳賞」「団体総合時間賞」などの賞がありますが、なかでも「個人総合時間賞」は大会全レースの個人走破タイムの合計で競われ、優勝者にはマラカイトグリーンのチャンピオンジャージと北海道カップが授与される花形的な賞です。
過去19回の大会でこの栄誉を手にした日本人選手は10人、一昨年の大会では1位から3位までを外国人選手が独占するなど結構日本人にとってハードルの高いレースです。

さて、今年の個人総合時間優勝は西谷泰治(愛三工業)でしたね。
2位の鈴木真理とは16秒差、3位のマッコーネル・ダニエルとは25秒差と僅差ですが、ロードレースでは集団ゴールが多いためこの秒数を縮めるのは結構大変です。レザルトのように愛三工業はチーム総合成績5位なので、西谷個人の地力の強さが一層光りますね。

余談ながら、(財)ツール・ド・北海道協会の17年度決算を読むと当年度は新規短期借入3000万円、JOC交付金増加1000万円により黒字3500万円をどうにか計上できているという自転車(トホホ)操業の様子が伺えます。協会の関係者のご苦労が目に浮かびます。地元金融機関の方々、自転車競技の普及のためにも資金を引き上げないようにして下さいね。

この秋は、10月21日~22日にかけて、栃木県宇都宮市でジャパンカップが開催されます。
このレース、国際自転車競技連合公認(=日本で開催される自転車競技における最高峰)でもあり、年間ポイント稼ぎ(&秋葉原ショッピング)目的の海外選手も結構参加します。こちらも楽しみ。

画像はウェブシティさっぽろ様から引用させていただきました2004年の大会の様子です。オフィシャルサイトは動画ばかりなので済みません。
[PR]
by ministopde | 2006-09-19 01:20 | 趣味(自転車ロードレース)
<< 【一号店シリーズ】 デニーズ ... 【インテリア】 アンティークス... >>