【一号店シリーズ】 レヴェッロ revello フォカッチェリア エ パネッテリア

a0054416_10153592.jpg

【一号店シリーズ】 レヴェッロ revello フォカッチェリア エ パネッテリア
東京都江東区豊洲2- 4- 9 
アーバンドックららぽーと豊洲 フロア:SⅢ-1F 番号:71

イタリア・ジェノバ県のカモーリ地方で人気のフォカッチャ専門店「レヴェッロ」の海外初進出店です。 カモーリはジェノヴァから近い海沿いの小さな町です。

このフォカッチャはパンとピザの中間という感じで、実はピザの原型だともいわれています。
今日は、プレーン・フォカッチャ(画像左)とオニオン・フォカッチャ(右)を食べました。
プレーン・フォカッチャは私には塩辛く相当オリーブオイルが濃い印象です。一方のオニオン・フォカッチャは味も、油加減も良く美味しかったですね。
どちらも、結構大きいので、ハーフでも良いとと思いましたが、イタリア人は大食なのでこれが相場なのでしょう。
情報によるとすぐに食べずに、包んだまま少し蒸らすと美味しさが増すそうです。

さて、レヴェッロが入店する大型ショッピングモール「アーバンドックららぽーと豊洲」は、2006年10月5日にオープンしたてです。
以前は石川島播磨重工業株式会社の造船工場だったところで、しばらくは塀に囲まれていましたが、こんな施設が出現して驚きでした。

周りには高層マンションが乱立し、以前書いた、セブンイレブンの一号店オープン時の豊洲とは大きく変わりました。
街の雰囲気は20~30歳代のファミリー層をターゲットにしているため、ちょっと庶民的(私もそうですが)で「うすっぺらい」印象がありますね。
a0054416_18371293.jpg

ただ、画像のように施設の中央部には石川島播磨重工業の造船ドックやクレーンを配置しており、この土地の生い立ちを残してあるのは気が利いています。
良い天気のときには潮風がすごく気持ちいい~。

a0054416_21294092.jpg

なお、ここにはシンガポールのカフェチェーン店、Ya Kun Kaya Toast(ヤクン・カヤトースト)がマルハの子会社と提携した日本初上陸店も入店しています。
(今日は残念がら店員さんがのんびりしていて、待ちきれず食べられませんでしたが・・・)
[PR]
by ministopde | 2006-10-11 21:29 | 一号店(ファーストフード系)
<< 【蕎麦】 豊川  西葛西 【一号店シリーズ】 銀座ルノア... >>