【一号店シリーズ】 クイズノス・サブ 銀座マロニエ通り店


a0054416_2330222.jpg
【一号店シリーズ】 クイズノス・サブ 銀座マロニエ通り店
東京都中央区銀座 3-7-2 オーク銀座ビル1・2階

今年2006年9月9日にオープンした「クイズノス・サブ」の日本一号店です。

「クイズノス・サブ」は1981年に、アメリカ・コロラド州・デンバー近郊のイタリアンレストランのシェフが、考案したサンドイッチで、オーブンで具を挟んだパンを焼いてから提供するのが特徴です。現在では世界中で 5000 店舗以上を展開する巨大チェーンです。
今回はドミノ・ピザを手掛けるヒガ・インダストリーズが提携して日本進出を果たしています。
今後5~7年でFC店を中心に100店以上を出店する方針とのことです。
1999年にも「クイズノス・サブ」チェーンは日本での営業権を取得した経営コンサルティング会社が展開に乗り出しましたが、軌道に乗らず2005年7月に撤退した経緯もありますが、健康志向、また店舗設計をグレード感のあるものに変更するなど新業態での展開を目指しています。

さて、店に入るとまず白パン (ホワイト) か黒パン (ウィート) かを選択します。今日は「黒パン&スパイシーモントレークラブ・サブ580円」を2階で食べました。
パンはさくさく感があり食べやすいです。
美味しいけど、マスタードやピクルスなどを載せすぎて、味がゴチャゴチャになってしまいました。

それにしても一号店が銀座にオープンするケースは「マクドナルド」「スターバックス」「ロッテリア」なども含めてすごく多いです。
「銀座での成功=日本での第一歩」という発想は依然変わりなさそうですね。
[PR]
by ministopde | 2006-11-26 23:30 | 一号店(ファーストフード系)
<< 【一号店シリーズ】 丸井 中野本店 【蕎麦】 巴町砂場  虎ノ門 >>