【一号店シリーズ】 ローソン 大阪・桜塚店

a0054416_21343598.jpg

【一号店シリーズ】 ローソン 大阪・桜塚店
大阪府豊中市南桜塚4-3-36

阪急岡町駅から豊中商店街を抜け15分ほど歩いたところにあるローソン1号店です。
1975年6月14日にオープンしています。当時ローソンの親会社だったダイエーがコンソリデーテッド・フーズ社とコンサルティング契約を締結。ローソンミルク社のノウハウを元に独自のフランチャイズシステムをつくったものです。
画像右下にある創業期のローソンはハムやソーセージといったアメリカ風高級デリカテッセンとして、客のオーダーに応じてその場で作るサンドイッチや輸入食料品が中心の展開でした。
1号店の店舗の外観はそっくりアメリカのものを移し替えたもので、レンガ造りの重厚なアメリカ風な店構えでした。売り場面積は、現在の約2倍の70坪ほどあり、ミニスーパー的な広さでした。

その後、ローソンは長らくダイエーが親会社でしたが、ダイエーの業績悪化に伴い保有株の多数を商社の三菱商事に売却しています。
ローソンは1号店のオープンから、30周年を迎えたことを機に、新業態を含む新たな戦略を発表、健康に配慮した品揃の「ナチュラルローソン」、ロープライスの「STORE100」の2つの店舗業態を加えていますね。
なお缶マークですが、1939年、米国オハイオ州にJ.J.ローソン氏が牛乳販売店を営んでいたことに由来しています。また、ローソンのブランドカラー(青色)は、ローソンミルク社発祥の地であるオハイオの澄み切った空をイメージしています。
[PR]
by ministopde | 2007-02-22 21:30 | 一号店(コンビニ系)
<< 【一号店シリーズ】 ミスタード... 【鞄・革小物】 馬場万 大阪・心斎橋 >>