カテゴリ:趣味(蕎麦屋を切る)( 19 )

【蕎麦】 無庵  立川

a0054416_19495093.jpg

【蕎麦】 無庵  立川
立川市曙町1-28-5 
tel:0425-24-0512 

JR中央線立川駅から徒歩5分ほどのところにあります。今回は「あらびきせいろ」をいただきました。800円とリーズナブルな価格です。

長四角のせいろに盛られているそばは細めで、香り濃く、腰もあります。つゆは癖のないバランスがとれた辛口です。薬味に山葵・葱か辛味大根かを聴いてくれるのも嬉しい。
器はシンプルな青磁。
蕎麦の量は少めですが、腰があるので結構腹持ちはいいですね。

店前は和風のあいらいで、HPのように旧家のような風情あるつくりです。
一方、真空管アンプで流すモダンジャズ、薪を使った暖炉などちょっとしたこだわりが。
クラッシックジャズファンの私にはこたえられない空間でした。

接客も極めて丁寧、配膳スピードもあります。
ここは3S(蕎麦・接客・スピード)そろった、エクセレント蕎麦店です。
[PR]
by ministopde | 2007-02-17 19:50 | 趣味(蕎麦屋を切る)

【蕎麦】 巴町砂場  虎ノ門

a0054416_955179.jpg

【蕎麦】 巴町砂場  虎ノ門
東京都港区虎ノ門3-11-13 サヴァックスビル1F
tel:03-3431-1220

東京メトロ日比谷線 神谷町駅から徒歩3分ほどのところにあります。
江戸時代から続く老舗です。

今回は「特せいろ」をいただきました。選った玄そばを石臼で挽いているそうで1,050円と高めです。
真四角形せいろに盛られているそばは細めで、香り高く、腰もあります。
つゆは酸味が強い中口です。
量は少ないので、一人前で満腹になることは無理です。

店前は和風のあしらいで、店内も落ち着いたシンプルなつくりです。
ここは2S(蕎麦・スピード)そろった、良いお店ですが、蕎麦湯をすぐに引き上げるのはいかがなものか?2杯目が飲めませんでした。ちょっと残念。
[PR]
by ministopde | 2006-11-23 09:55 | 趣味(蕎麦屋を切る)

【蕎麦】 豊川  西葛西


a0054416_20343721.jpg
【蕎麦】 豊川  西葛西
東京都江戸川区西葛西6丁目15-20
tel:03-5676-4878

東京メトロ東西線西葛西駅南口から徒歩2分ほどのところにあります。

今回は「十割蕎麦」「焼味噌」をいただきました。蕎麦は650円、味噌は500円とリーズナブルです。
丸形の焼物に笊をのせ、盛られているそばは太めで、腰もあります。北海道産の新そばですが、香りは薄い感じです。
つゆはかなりの辛口ですが、癖の無い私好みの味でした。

店前はシンプルな和風の外観、店内も落ち着いたシンプルなつくりですが、エレクターのワゴンにグラスを積んで通路に置いているのは少し興ざめですか。

客あしらいも気持ちよく、配膳スピードもあります。
ここは3S(蕎麦・スピード)そろった、お勧めのお店です。
[PR]
by ministopde | 2006-10-15 20:33 | 趣味(蕎麦屋を切る)

【蕎麦】 高はし  荻窪

a0054416_1842225.jpg

a0054416_1845318.jpg

東京都杉並区荻窪 2-30-7
tel : 03-5937-0118

荻窪駅南口から徒歩15分ほど、環八沿いにあります。
店主は近くの本むら庵で修行されたとのこと。

今回は「せいろそば」をいただきました。900円とやや高めです。
長方形のせいろに盛られているそばは細めで透明、腰もありますが結構水っぽいです。
つゆはかなりの辛口で、猪口一杯分だけ出されます。
薬味は大根おろしと長葱、そして珍しく一味も付きます。

店前はシンプルな外観、店内は照明を落として、ジャズが静かに流れます、テーブルは配膳前には何も置いていません。
落ち着いた良い様子なのですが、今日は残念ながら隣のオババが大阪弁でガナりまくり雰囲気が台無し。
せっかくの美味しい蕎麦が泣いている、シクシク・・・。

さて、それはともかく、このお店、客あしらいは切れがありませんが、配膳スピードはあります。
ここは2S(蕎麦・スピード)そろった、良いお店でした。
[PR]
by ministopde | 2006-07-17 18:06 | 趣味(蕎麦屋を切る)

【蕎麦】 並木藪蕎麦  雷門

a0054416_21273166.jpg

【蕎麦】 並木藪蕎麦  雷門
台東区雷門2-11-9
tel : 03-3841-1340

浅草駅から徒歩5分ほど雷門の正面右手です。

ご存知、藪系御三家(他は神田藪、池之端藪)と称される老舗です。

今回は「ざるそば」をいただきました。650円とリーズナブルな価格です。
但し、1枚の量は少ないので2枚が適量でしょう。

そばはやや太めでそれほど腰は強くありません。
つゆはかなりの辛口で、わずかな酸味があります。ここの汁は蕎麦の先に一寸だけつけてすすり込むに限ります。
蕎麦自体は70点というところが本音です。

店前は伝統を感じる純和風の外観、店内は下町の賑やかな雰囲気です。

接客はきびきびして気持ち良く、配膳スピードもあります。待つ客に新聞を渡してくれるのも庶民的。

お客さんも、無駄口無く、蕎麦をひたすら手繰っている方が多いです。
食べ終わったらサッサと勘定を済ませ引き上げるオジサンばかりです(ヨー江戸っ子!)

ここは3S(蕎麦・接客・スピード)のバランスがとれた「名店」です。
[PR]
by ministopde | 2006-07-14 21:27 | 趣味(蕎麦屋を切る)

【蕎麦】 なにわ翁  大阪 西天満

a0054416_21542178.jpg
【蕎麦】 なにわ翁  大阪 西天満

大阪市北区西天満4-1-18
tel : 06-6361-5457

大阪市営地下鉄南森町駅から10分ほど歩きました。

今回は「ざるそば」をいただきました。800円です。

そばはやや太めで緑がかかった腰のある麺です。
つゆは辛口で酸味が強い独特の汁です。私にはちょっと酸っぱい印象。

店前は木材を使ったスッキリした外観、店内も天然一枚板のテーブルを使った落着いた内装です。

客はきびきびして気持ち良く、配膳スピードもあります。
ここは3S(蕎麦・接客・スピード)そろった、ズバリ「名店」です。
[PR]
by ministopde | 2006-06-02 21:55 | 趣味(蕎麦屋を切る)

【蕎麦】 たかさご  神楽坂

a0054416_21372357.jpg

新宿区中町22
tel :03-3260-3908

東西線の神楽坂駅から15分ほど歩きました。今日は季節はずれの30℃の暑さで汗をかきました。大江戸線の牛込神楽坂駅が一番近いかもしれません。

今回は「せいろう」をいただきました。788円ですからリーズナブルです。
そばは中細、腰は強いです。汁は中辛ですが、甘い後味です。両者とも文句無く旨い。
蕎麦湯用にもう一つ猪口が出される工夫があります。

店前は天然石を使ったスッキリした外観で紺染めの暖簾が似合っていますね。
店内は黒を基調とした内装で、テーブル毎にスポットライトを当てています。全体にやや暗く、クラッシックが静かに流れています。

接客の切れはありませんが、スピーディな配膳です。
最初に出るお水も美味。なんとお茶は置いてありません。

帰りには、神楽坂の喫茶店「トンボロ」に寄ってきました。
ここの近辺は落着いた大人の街ですね。
[PR]
by ministopde | 2006-05-01 21:40 | 趣味(蕎麦屋を切る)

【蕎麦】 雙柿庵(そうしあん)  あきる野市

a0054416_222287.jpg

東京都西多摩郡日の出町大久野1487
tel 042-597-3802

JR武蔵五日市駅から北に車で5分ほどのところにある蕎麦の名店です。

今日は「盛そば」をいただきました。1,000円ですからこの地域にしては少し高めです。
そばは極細、腰は強いです。汁は中辛で、両者とも文句無く旨い。
量は少なめですが、こういうお店の蕎麦は腰があるので結構腹持ちは良いです。

店前は民家の趣があります(というより民家です)。
店内は飾らない落着いたつくりでクラッシックが静かに流れています。

ご主人一人できりもりしているので、接客の切れや、スピード感はありませんが、そういう店と思えば気になりませんね。

場所はすごくわかりにくいです、地図で言うと大久野中学校の東側にあたります。画像にあるように当店の看板(看棒?)よりも隣の寶鏡寺の石塔を探す方が早いでしょう。
右の画像の細い路地を入ってすぐです。小さいですが駐車場もありますので車で入っていってください。
ちなみに、私の一族郎党はあきる野市に居りますが、誰も知りませんでした。なんとタクシーの運転手も知らないことが多い。
蕎麦屋の名店は以外に地元が知らないことが多いような・・・。
[PR]
by ministopde | 2006-04-18 22:21 | 趣味(蕎麦屋を切る)

【蕎麦】 南千住砂場 三ノ輪

東京都荒川区南千住 1-27-6
tel 03-3891-5408

都電三ノ輪駅から商店街ジョイフル三ノ輪を西側に歩いて3分ほどのところにある蕎麦の老舗です。

今日は「大もり」をいただきました。
もりが630円、大もりが780円ですから価格はリーズナブルです。
そばは中細、腰は弱いです。
汁は甘口です。両者とも正直普通レベルです。
量は多めなのはうれしいです。

店前は老舗らしい趣があります。1954年の建築でなんと荒川区の文化財指定です。
店内はあれこれ言うのはやめましょう、テレビ流しっぱなしのいわゆる食堂です。

接客も食堂の乗りです。
ただし、そば湯は蕎麦粉をひいてお湯で溶かしているそうで、とろりとした湯はそばが良く香ります。

さて、ここからは口上を。
そば屋の三大屋号は「砂場」「藪そば」「更科」ですが、そのうち「砂場」は大阪発祥です。
現大阪府西区新町にある南北筋川の南側は、大坂城築城に際しての資材置き場であり俗に砂場と呼ばれていました。
1757年に出版された『大坂新町細見之図澪標』の記載で、この中に「和泉屋」「津国屋」の2軒の麺店があったとされいます。この2軒について、場所名で呼ぶことが定着し、「砂場」の屋号が生まれたものと考えられています。
しかし、砂場和泉屋も幕末には衰退し、嘉永年間ごろ廃業しています。

江戸への進出時期についても明確な記録はありませんが、1751年に出版された『蕎麦全書』に「薬研堀大和屋大坂砂場そば」の名称が、1781年-1789年に出版された『江戸見物道知辺』に「浅草黒舟町角砂場蕎麦」の名称が、それぞれ見られます。ただし大坂の砂場との関係は厳密には明らかではありません。

江戸末期の1848年に出版された『江戸名物酒飯手引草』には、6軒の「砂場」が紹介されています。
そのうち、江戸時代に記録がある「糀町七丁目砂場藤吉」が明治時代に当地に移転し、南千住砂場となっています。
なお、糀町七丁目砂場藤吉からは、明治2年に室町砂場(旧本石町砂場)・明治5年に虎ノ門砂場(琴平町砂場から昭和52年改名)が分岐しています。
また、東京都港区の虎ノ門にある巴町砂場は江戸時代に記録がある「久保町すなば」が天保10年に移転改名したもので、南千住砂場とともに江戸時代から現在まで系譜が明確な超老舗です。
a0054416_22184577.jpg

[PR]
by ministopde | 2006-04-15 22:18 | 趣味(蕎麦屋を切る)

【蕎麦】 浜町藪そば 日本橋浜町

東京都中央区日本橋浜町2-5-3
tel 03-3666-6522

人形町駅から東側に歩いて5分ほどのところにある蕎麦の有名店です。
店のすぐ近くには、歌舞伎の明治座や甘酒横丁もあり、華やいだ雰囲気の中にあります。

今日は「せいろ」の大盛をいただきました。
せいろの普通盛りが650円ですから価格はリーズナブルですね。
そばは極細、腰は強いです。
汁は鰹だしがきいた極辛口で、追加の汁は付いてきません。これぞ江戸の蕎麦汁という感じです。両者とも絶品。
量は少なめなので、「酒のつまみ」、「おやつ」向けでしょう。
昼時間でしたがビールを飲むお客さんが結構います。

店前は画像のようにステンレスを各所に使った現代的ですっきりしたつくりです。
店内は床・壁に天然素材を使っており、間接照明もあいまって落ち着いた空間になっています。

接客はきびきびして気持ち良く、配膳スピードもあります。
ここは3S(蕎麦・接客・スピード)そろった、ズバリ「名店」です。
a0054416_12503981.jpg

[PR]
by ministopde | 2006-04-15 12:50 | 趣味(蕎麦屋を切る)