カテゴリ:生活・諸事( 5 )

札幌門田ピッケル 

a0054416_1835225.jpg

札幌門田2代目の門田茂作のネパール・ヒューラー(NEPAL-FÜHRER)というピッケルです。
もう山で使うことは無いのですが、ポカポカ陽気だったので久しぶりに出して、磨いてみました。
クロモリ(クロム・モリブデン鋼)の輝きにウットリしてしいる私を家族はすごく怪しい目でみていました。

このピッケルは昭和40年代後半の作で、ヘッドはなだらかなカーブを描くクラッシックな形状。
横には門田茂作の銘も刻んであり、さながら日本刀の趣です。当時は登山家垂涎の限定生産品でした。
残念ながら、現在、札幌門田は閉鎖してしまっています。
詳しくはこのHPで。
[PR]
by ministopde | 2007-04-08 18:04 | 生活・諸事

工具パネル作成

今日は風が強くて自転車の遠乗りを諦めました。
代わりにホームセンターで500円の板を買ってきて、こんなパネルを作ってみました。
懸けてあるのはアメリカのアンティークツールです。
ヒントは昨日寄った吉祥寺の「ROUNDABOUT」のディスプレイですが・・・。
a0054416_20421145.jpg

[PR]
by ministopde | 2006-03-19 20:37 | 生活・諸事

JARDINS des FLEURS(ジャルダンデフルール)

2005年12月25日(日)21:00~ギンザ・コマツのアートスペースでのいけこみの画像です。
上が製作中、下が完成です。

JARDINS des FLEURS(ジャルダンデフルール)のフラワーアーティスト東 信(あずま まこと)氏・椎木俊介(しいのきしゅんすけ)氏の作品です。
脚立の上が東 氏、モジャ(失礼)が椎木氏です。

東 氏は「日本初のオートクチュールの花屋」で知られます。
銀座コマツビルの地下には花の在庫を置かず、顧客から注文を受けてから市場買い付けに行くという方法です。
花卉(かき)店は成熟産業のようですが、新しいビジネスの可能性は無限ですね。

先日のテレビ放送「情熱大陸」でも取材されていました。
映像中、自分の作品を手荒く扱われて、スタッフの前で泣き出す氏に「本物」の仕事人を感じました。彼らをみていると日本も捨てたもんじゃないと思う。
a0054416_21133714.jpg

a0054416_21141935.jpg

[PR]
by ministopde | 2005-12-29 21:14 | 生活・諸事

十返舎一九 辞世

辞世の句は
「この世をば どりゃお暇(いとま)に 線香の 煙とともに 灰(はい)左様なら」

洒脱・軽いなー。

高杉晋作
「面白きこともなき世におもしろく」
野村望東尼
「すみなすものは心なりけり」

これも同様。
[PR]
by ministopde | 2005-11-16 19:31 | 生活・諸事

我が家の「トト」

カミサンから我が家の愛犬も載せるべしと命令があったので、画像をお見せします。床に寝ているところを撮ったので変な顔です。雄のゴールデンです。a0054416_20594665.jpg
[PR]
by ministopde | 2005-11-13 20:59 | 生活・諸事