<   2005年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ジャン・プルーヴェ高し

ジャン・プルーヴェは1901年に生れた、鉄細工職人and建築家andデザイナーです(故人)。
私は画像の揺りかごのような彼が気まぐれ(?)に作ったと思われるワンオフ(一品)物が好きです。

先週終わってしまいましたが秋葉原でも展覧会が開かれていたのでもうメジャーな人物なのでしょう。
今年2005年の春にも、パリ・バスチーユのギャラリーpatrickseguin(パトリック・スガン)が、日本の10 corso como COMME des GARCON (ディエチ・コルソコモ・コムデギャルソン)ショップで、プルーヴェやペリアンらの家具を展示していました。

プルーヴェの家具はヴィトラ社などで何度か復刻されていますが、
オリジナルの家具に限っていえば海外のオークションでは2000万円を超すものもあります。それでも、買い手が付くのは彼のカリスマ性でしょうか。

国内では、恵比寿にあるsign(サイン)さんが有名で、たまに寄ることがあります。
結構高額なようですが。私から見るとまだ良心的な価格設定です。

オリジナルにこだわらなければヴィトラ社のもので充分なのではと思います。
だけど、ヴィトラ社のラベルを剥がしアンティーク加工して売る某有名店のやり方は? 私だったら鉄部分も錆びさせてオリジナルとして売るゾ(これは明らかに詐欺)。
a0054416_1337043.jpg
[PR]
by ministopde | 2005-10-30 13:37 | プルーヴェ情報

宇宙からの侵入者

私の机には宇宙からの侵入者(物)があります。
ロシアのシホーテアリン(Sikhote-Alin)山脈近辺に落下した鉄隕石です。世界地図を見ていただくと、このシホーテアリン山脈は北海道に結構近いところにあります。

隕石は小惑星が崩壊し、たまたま地球に落下したものです。小惑星は成長に伴って内部が溶融し、中心部に重い金属である鉄やニッケルがたまり、外層部に軽い石質の物質が浮いていきます。
その状態から小惑星が互いの衝突などによって破壊されると、様様な成分の破片が生じるわけです。

中には、鉄隕石と石質隕石が混在したパラサイト隕石なんていうのも存在します。パラサイトは地球上では組成しえない石です。不思議だと思いませんか。

隕石発見は国にとっても大事のようで、こんな隕石切手もあるんです。このコレクターさん素晴らしい!
a0054416_11584960.jpg
[PR]
by ministopde | 2005-10-30 11:58 | 趣味(隕石)

美味い蕎麦屋が近くにあれば

江戸蕎麦 ほそ川
墨田区亀沢1-6-5
tel 03-3626-1125

江戸東京博物館のすぐ近く。
店主である細川貴志さんのこだわりや人柄が滲みでている店です。
新そばの季節。蕎麦、つゆともに文句なし。

店外は樹木をあしらい、店内は間接照明と漆喰風の壁で、落ち着いた雰囲気をトータルに演出。
ここで蕎麦だけ食すのはいかにももったいない。
焼き味噌、日本酒で和んだあと仕上げにセイロといのが私の行動パa0054416_013523.jpgターンです。
[PR]
by ministopde | 2005-10-30 00:12 | 趣味(蕎麦屋を切る)

graphio/buro-stil(グラフィオビューロスタイル)

graphio/buro-stil(グラフィオビューロスタイル)
〒153-0043 東京都目黒区東山1-6-19-1F
tel 03-3794-9955

山手通りを少し入ったところにあります。
アメリカ・日本のヴィンテージ家具、小物。
50年代の「装苑」、国内インテリア古書、航空グッズ、児童書 などなどオーナーのこだわりと遊び感覚が秀逸です。
日本のデザイナーにも光を当てている点も好感度大です。
昨今の軽薄なアメリカンモダーン志向って何なんでしょうね。
余裕のある店前スペースや外観、品揃えも私好みの店でした。
入口右にいるミドリガメに睨まれてたじろぎました。
a0054416_22265685.jpg
[PR]
by ministopde | 2005-10-29 22:25 | インテリアショップ(東横線)

CREATE TASTE(クリエイトテイスト)

CREATE TASTE(クリエイトテイスト)
〒153-042 目黒区青葉台2-12-3 2A
tel 03-3496-8227

事前にアポを入れた後に寄ってきました。
フランス、アメリカのシンプルで実用的なヴィンテージ家具、小物。
私好みの雰囲気でした。
改装中のところ、おしかけた上、コーヒーまでいただき申し訳けなかったです。

画像は入居されているマンションの外観です。味がある・・。
また、改装が終わったら行ってみます。室内もそのときにアップしましょう。
a0054416_2181888.jpg
[PR]
by ministopde | 2005-10-29 21:08 | インテリアショップ(東横線)

作業机を公開

今日は晴れて気分上々。
これが、私の作業机です。乱雑!
この机、ジャン・プルーヴェが1950年代にフランスの小学生向けにデザインしたものです。
錆だらけですが、現在でも大人の私が日常使用しています。丈夫です。
a0054416_12142088.jpg


この机は洋書Jean Prouve Oeuvre Complete/Complete Works, 1944-1954にもこのように記載されています。
a0054416_2042488.jpg


また、「POPEYE」 03.02.24号にも同タイプの机が載っています。
記事中、この机は3タイプあると書いてありますが、実は天板の長さが「630mm、650mm、700mm、750mm」の4タイプあります。
a0054416_19543111.jpg


プルーヴェについてはまた少しずつご紹介しましょう。
[PR]
by ministopde | 2005-10-29 20:50 | プルーヴェ情報