<   2005年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

JARDINS des FLEURS(ジャルダンデフルール)

2005年12月25日(日)21:00~ギンザ・コマツのアートスペースでのいけこみの画像です。
上が製作中、下が完成です。

JARDINS des FLEURS(ジャルダンデフルール)のフラワーアーティスト東 信(あずま まこと)氏・椎木俊介(しいのきしゅんすけ)氏の作品です。
脚立の上が東 氏、モジャ(失礼)が椎木氏です。

東 氏は「日本初のオートクチュールの花屋」で知られます。
銀座コマツビルの地下には花の在庫を置かず、顧客から注文を受けてから市場買い付けに行くという方法です。
花卉(かき)店は成熟産業のようですが、新しいビジネスの可能性は無限ですね。

先日のテレビ放送「情熱大陸」でも取材されていました。
映像中、自分の作品を手荒く扱われて、スタッフの前で泣き出す氏に「本物」の仕事人を感じました。彼らをみていると日本も捨てたもんじゃないと思う。
a0054416_21133714.jpg

a0054416_21141935.jpg

[PR]
by ministopde | 2005-12-29 21:14 | 生活・諸事

門前仲町 手打ちそば はなぶさ

東京都江東区牡丹2丁目2-15
tel 03-3630-4337

はなぶさ」は地下鉄門前仲町駅から5分ほど東に歩いたところにある深川の店です。
地下鉄東西線で通勤し、富岡八幡宮の神輿を担いだこともある私にとって門仲は
本当にくつろげる街です。店は神輿のコースのすぐ横でもあります。

場所柄、店は活気のある肩の凝らない雰囲気です。
ここの蕎麦は、田舎・江戸前・更科と選べるのが嬉しく、今日は「あなご天・田舎蕎麦大盛り」(1410円)をいただきました。
太くて黒い田舎蕎麦は香りが強く、しっかりとしたコシ。中辛で癖の無い汁です。
あなごの天ぷらはホクホクして大きく、食べ応えがあります。
安くて美味い、「深川の良心」と言える店です。

今日は休暇なので、昼間からそば焼酎「峠」の蕎麦湯割550円まで飲んでしまいました。
お天道様の元で飲む酒は堪えられませんな。フフフ・・・。
a0054416_1933671.jpg

[PR]
by ministopde | 2005-12-29 19:04 | 趣味(蕎麦屋を切る)

一号店シリーズ【吉野家ディー・アンド・シー】東京・築地

東京都中央区築地5-2-1
中央卸売市場フードC
tel 03-5550-8504

吉野家第一号店に行ってきました。
年末が近いこともあり、築地は大混雑でした。
築地の各店はグルメ誌に登場することも多く、行列ができている店もある中、ここ吉野家は少し待てば座れる店です。築地店らしく営業時間は5:00~13:00です。
HPにもありますが、吉野家は1899年東京都中央区の日本橋魚河岸に出店し、関東大震災を経て築地に店を構えています。
米国産牛肉の輸入停止のなか、この店だけは、国産牛を使って「牛丼」を出しており「一号店」に対する深い思い入れを感じます。

このところ他牛丼チェーンに較べ業績が思わしくない吉野家。
輸入解禁までもう少しだ、ガンバレ!
a0054416_181434.jpg

[PR]
by ministopde | 2005-12-29 18:12 | 一号店(ファーストフード系)

これはニセモノ隕石

悪意は無いと想像しますが・・・。
これら隕石は偽物です。

http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n32264380
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d58776161
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d58294847
http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n31735628
・・・・・

最近、中国では隕石の偽造グループが横行しています。この方も中国から大量に輸入しているはずです。
原価は輸入コストを含めても10円程度でしょう。1万円を超える額で偽物を買った人がかわいそう。
信じれば救われるとは思いますが、単なる鉄の塊です。

a0054416_9283364.jpg

[PR]
by ministopde | 2005-12-25 09:22 | 趣味(隕石)

トヨタ産業技術記念館「ジャン・プルーヴェ展」

産業技術記念館
〒451-0051 
名古屋市西区則武新町4-1-35
tel 052-551-6115

名古屋駅近くの産業技術記念館で開催中のジャン・プルーヴェ展へ行ってきました。
正式タイトルは
’20世紀デザインの異才 ジャン・プルーヴェ「モノづくり」から建築家=エンジニアへ… ’ です。

同館の特別展示室はそれほど広くないのですが、500円で家具やビデオ映像を堪能しました。
ビデオ映像は30分以上の見ごたえのあるもので、彼の生い立ちや活動を81歳当時の本人が語っています。
ビデオの後半では、現在の「建築家」が「建設現場」から乖離していることへの警鐘が中心となっていました。
彼の生の声を聞いたのも初めてでしたが、「真似ではなく、創造こそ意味がある」という哲学が伝わり、感動!
a0054416_2327196.jpg
a0054416_23394022.jpg

[PR]
by ministopde | 2005-12-09 23:27 | プルーヴェ情報