<   2006年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

【鞄・革小物】 ブルックリン BROOKLYN 南青山

a0054416_21234816.jpg

【鞄・革小物】 ブルックリン BROOKLYN 南青山
東京都港区南青山3丁目8番37号第二宮忠ビル1F
tel :03-5414-3357 

東京メトロ表参道駅から10分ほど歩き、青山通りを少し入った小さなお店です。
国産革を国内で加工する「MADE IN JAPAN」にこだわる気鋭のショップです。
「藍染め」「鉄渋染め」や「柿渋染」など着物文化に培われた日本古来の技術による加工方法にもトライしています。鮮やかな色使いは革の可能性を相当広げています。
草ケ谷オーナーは日本のもつ良さをもっとアピールしていきたいと言われていました。

以前は百貨店などの他店舗販売やOEM中心だったところから転換して、2002年にオリジナル商品を扱うこの店をオープンしています。
本場イタリアへの輸出を開始するなど自社製品へのプライドを感じますね。

こちらで、買い物をすると青山通りを曲がるまで社長様が見送ってくれます。接客も丁寧で小売店としても一流です。
[PR]
by ministopde | 2006-10-30 21:23 | 鞄・革小物店

【鞄・革小物】 藤井鞄(ふじいかばん) 渋谷


a0054416_17385678.jpg
【鞄・革小物】 藤井鞄 (ふじいかばん) 渋谷
東京都渋谷区鶯谷町18-8 亀山ビル101
tel :03-5489-2279

JR渋谷駅から10分ほど歩いた、小さなお店です。店舗というよりも3名の方が働く工房という方が正しいかもしれません。
オーダーメイド鞄の分野では著名なカリスマショップです。

今日は藤井さんとしばらくお話しましたが、用途に応じた革選びから始まり、手縫いの工程、錠前と金具選びなど、様々なご苦労が伺えました。

革は基本的にはヨーロッパのものだそうですが、ドイツ、フランス、イタリア各国で特徴が異なるということでした。金具はオーダーに応じて無垢材から削り出すことあるそうです。

もともと、車の設計に携わったご経験もあるとのことで、設計段階から、製作、仕上げまで一貫してモノづくりができることが楽しくてしょうがないという雰囲気でした。これぞ本当の「ジャパン・ブランド」というところでしょうか。 

ちょっと値は張ります(30万円~)が、20年先を考えて作られていることを考えると納得できますね。
[PR]
by ministopde | 2006-10-22 17:41 | 鞄・革小物店

【聴かずに死ねるか!】 チェット・ベイカー SINGS シングス

a0054416_22501451.jpg

【聴かずに死ねるか!】 チェット・ベイカー SINGS シングス

ウェストコーストジャズを代表するトランペッター&ボーカリスト、チェット・ベイカーの最盛期の代表作。
彼の冷静で、ちょっとダレた歌とトランペットが泣かせます。秋の夜にはこのアルバムでしょう。

チェット・ベイカーは早熟な天才トランペッターで、50年代半ばにはマイルス・デイビスと人気を二分するまでに脚光を浴びます。
しかし、その後ドラッグに漬かり、トランペッターの命とも言える歯をすべて失うなど、その人生は大きな起伏がありました。
[PR]
by ministopde | 2006-10-15 22:51 | 趣味(聴かずに死ねるか!)

【鞄・革小物】 万双(まんそう) 浅草

a0054416_21263650.jpg

【鞄・革小物】 万双(まんそう) 浅草
東京都台東区上野6-4-7
tel :03-3832-6461

JR御徒町駅から北に50mほど、アメ横のガード下の1坪半ほどの知る人ぞ知る小さなお店です。
お店というようりアンテナショップというところで、製造は神戸など数名の革職人さんのところでで作っているそうです。製品は高品質の割にかなり安いと思います。
今日は15年使った財布に別れを告げ、「ロービキ2つ折り財布」を購入。
HPにもありますが「裏表ともに革張り」「細かいステッチ」「滑らかなコバ」など、一目で気に入りました。

a0054416_21274548.jpg

他のバッグを買ったばかりなので当面買えませんがここの、ダレスバッグも作りが良いです。
表は厚みのある英国製のブライドルレザー、内装も全革、金具は真鍮からの削り出しで、なかでも気に入ったのは、仕切りの中間のスペースを広めにとっていることで嵩張るものも結構入れられる点ですね。
[PR]
by ministopde | 2006-10-15 21:27 | 鞄・革小物店

【蕎麦】 豊川  西葛西


a0054416_20343721.jpg
【蕎麦】 豊川  西葛西
東京都江戸川区西葛西6丁目15-20
tel:03-5676-4878

東京メトロ東西線西葛西駅南口から徒歩2分ほどのところにあります。

今回は「十割蕎麦」「焼味噌」をいただきました。蕎麦は650円、味噌は500円とリーズナブルです。
丸形の焼物に笊をのせ、盛られているそばは太めで、腰もあります。北海道産の新そばですが、香りは薄い感じです。
つゆはかなりの辛口ですが、癖の無い私好みの味でした。

店前はシンプルな和風の外観、店内も落ち着いたシンプルなつくりですが、エレクターのワゴンにグラスを積んで通路に置いているのは少し興ざめですか。

客あしらいも気持ちよく、配膳スピードもあります。
ここは3S(蕎麦・スピード)そろった、お勧めのお店です。
[PR]
by ministopde | 2006-10-15 20:33 | 趣味(蕎麦屋を切る)

【一号店シリーズ】 レヴェッロ revello フォカッチェリア エ パネッテリア

a0054416_10153592.jpg

【一号店シリーズ】 レヴェッロ revello フォカッチェリア エ パネッテリア
東京都江東区豊洲2- 4- 9 
アーバンドックららぽーと豊洲 フロア:SⅢ-1F 番号:71

イタリア・ジェノバ県のカモーリ地方で人気のフォカッチャ専門店「レヴェッロ」の海外初進出店です。 カモーリはジェノヴァから近い海沿いの小さな町です。

このフォカッチャはパンとピザの中間という感じで、実はピザの原型だともいわれています。
今日は、プレーン・フォカッチャ(画像左)とオニオン・フォカッチャ(右)を食べました。
プレーン・フォカッチャは私には塩辛く相当オリーブオイルが濃い印象です。一方のオニオン・フォカッチャは味も、油加減も良く美味しかったですね。
どちらも、結構大きいので、ハーフでも良いとと思いましたが、イタリア人は大食なのでこれが相場なのでしょう。
情報によるとすぐに食べずに、包んだまま少し蒸らすと美味しさが増すそうです。

さて、レヴェッロが入店する大型ショッピングモール「アーバンドックららぽーと豊洲」は、2006年10月5日にオープンしたてです。
以前は石川島播磨重工業株式会社の造船工場だったところで、しばらくは塀に囲まれていましたが、こんな施設が出現して驚きでした。

周りには高層マンションが乱立し、以前書いた、セブンイレブンの一号店オープン時の豊洲とは大きく変わりました。
街の雰囲気は20~30歳代のファミリー層をターゲットにしているため、ちょっと庶民的(私もそうですが)で「うすっぺらい」印象がありますね。
a0054416_18371293.jpg

ただ、画像のように施設の中央部には石川島播磨重工業の造船ドックやクレーンを配置しており、この土地の生い立ちを残してあるのは気が利いています。
良い天気のときには潮風がすごく気持ちいい~。

a0054416_21294092.jpg

なお、ここにはシンガポールのカフェチェーン店、Ya Kun Kaya Toast(ヤクン・カヤトースト)がマルハの子会社と提携した日本初上陸店も入店しています。
(今日は残念がら店員さんがのんびりしていて、待ちきれず食べられませんでしたが・・・)
[PR]
by ministopde | 2006-10-11 21:29 | 一号店(ファーストフード系)