<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

【一号店シリーズ】 丸井 中野本店

a0054416_2120168.jpg

【一号店シリーズ】 丸井 中野本店東京都中野区中野4丁目3番2号

丸井創業の地に建てられている中野本店が2007年8月をめどに閉鎖されるそうです。
店舗が老朽化して建て替えられますが、新ビルには丸井の店舗は入らない様子なので記念に撮影して来ました。

もともとここ中野で1931年(昭和6)2月、青井忠治が東京・新宿の月賦制ストア「丸二(まるじ)」からのれん分けして月賦専門店「丸二商会」を創業し、1937年3月に株式会社丸井を設立しています。
しかし第2次世界大戦中の1941年5月、商業活動規制をうけて全店を閉鎖。
戦後の1946年8月、家具の現金販売から営業をはじめ、1950年12月には5カ月払い方式の月賦販売事業を再開し、さらに、1955年には10カ月払い方式に変更、「10カ月払いの丸井」として急成長をとげています。
1960年に日本で初めてクレジットカード(現在の「エポスカード」)を発行したことでも有名です。

中野本店に入ってみましたが、老朽化しちょっと暗い感じがしました。また、A館・B館と分かれているのも非効率だったかな。
[PR]
by ministopde | 2006-11-28 21:20 | 一号店(専門店系)

【一号店シリーズ】 クイズノス・サブ 銀座マロニエ通り店


a0054416_2330222.jpg
【一号店シリーズ】 クイズノス・サブ 銀座マロニエ通り店
東京都中央区銀座 3-7-2 オーク銀座ビル1・2階

今年2006年9月9日にオープンした「クイズノス・サブ」の日本一号店です。

「クイズノス・サブ」は1981年に、アメリカ・コロラド州・デンバー近郊のイタリアンレストランのシェフが、考案したサンドイッチで、オーブンで具を挟んだパンを焼いてから提供するのが特徴です。現在では世界中で 5000 店舗以上を展開する巨大チェーンです。
今回はドミノ・ピザを手掛けるヒガ・インダストリーズが提携して日本進出を果たしています。
今後5~7年でFC店を中心に100店以上を出店する方針とのことです。
1999年にも「クイズノス・サブ」チェーンは日本での営業権を取得した経営コンサルティング会社が展開に乗り出しましたが、軌道に乗らず2005年7月に撤退した経緯もありますが、健康志向、また店舗設計をグレード感のあるものに変更するなど新業態での展開を目指しています。

さて、店に入るとまず白パン (ホワイト) か黒パン (ウィート) かを選択します。今日は「黒パン&スパイシーモントレークラブ・サブ580円」を2階で食べました。
パンはさくさく感があり食べやすいです。
美味しいけど、マスタードやピクルスなどを載せすぎて、味がゴチャゴチャになってしまいました。

それにしても一号店が銀座にオープンするケースは「マクドナルド」「スターバックス」「ロッテリア」なども含めてすごく多いです。
「銀座での成功=日本での第一歩」という発想は依然変わりなさそうですね。
[PR]
by ministopde | 2006-11-26 23:30 | 一号店(ファーストフード系)

【蕎麦】 巴町砂場  虎ノ門

a0054416_955179.jpg

【蕎麦】 巴町砂場  虎ノ門
東京都港区虎ノ門3-11-13 サヴァックスビル1F
tel:03-3431-1220

東京メトロ日比谷線 神谷町駅から徒歩3分ほどのところにあります。
江戸時代から続く老舗です。

今回は「特せいろ」をいただきました。選った玄そばを石臼で挽いているそうで1,050円と高めです。
真四角形せいろに盛られているそばは細めで、香り高く、腰もあります。
つゆは酸味が強い中口です。
量は少ないので、一人前で満腹になることは無理です。

店前は和風のあしらいで、店内も落ち着いたシンプルなつくりです。
ここは2S(蕎麦・スピード)そろった、良いお店ですが、蕎麦湯をすぐに引き上げるのはいかがなものか?2杯目が飲めませんでした。ちょっと残念。
[PR]
by ministopde | 2006-11-23 09:55 | 趣味(蕎麦屋を切る)

『Art and Articles of Living』 恵比寿site gallery

a0054416_20252525.jpg

今日まで恵比寿のインテリアショップ「SIGN」主催でシャルロット・ペリアン中心の展覧会が開催されていました。
立ち寄ったのは初日の2006年11月3日(金)でしたが、会場の目印に復刻版のスタンダードチェアーが置いてあるのがちょっと笑えました。

展示の中心は1941年に東京/大阪高島屋で開催されたシャルロット・ペリアンによる『選択・伝統・創造』展で出品された寝椅子などでしたが、ペリアンの他にもジャン・プルーヴェのオリジナル家具も相当出展されていました。

小規模な展示会でしたが、プルーヴェのスタンダードチェアーがこれだけ揃ったイベントは珍しいです。特にプロトタイプのウッドチェアーは初めて見ました。
現在、出品物の一部が「SIGN」のHPにも載っているのでご参照下さい。
[PR]
by ministopde | 2006-11-12 20:23 | プルーヴェ情報

【鞄・革小物】 大峡製鞄 おおばせいほう 北千住

a0054416_1844946.jpg

【鞄・革小物】 大峡製鞄 おおばせいほう 北千住
東京都足立区千住4-2-2
tel :03-3881-1191

北千住駅からイトーヨーカ堂方向に10分ほど歩いた、ライオンズマンションの1階にある大峡製鞄の直営店です。アンテナショップという感じの小さなお店です。右2軒隣には会社社屋もあります。
大峡製鞄は鞄・ランドセル分野ではつとに有名な企業で、品質やアフターフォローの点で安心できるブランドです。

但し、大峡製鞄が無条件に最高と言い切る最近のマスコミの書き方はちょっと違和感がありますね。デザインも他のブランドに比べるとちょっと垢抜けない感じがします。
いずれにせよ、小さくても品質にとことんこだわるこんなメーカーは東京のお宝と断言しちゃいます。
[PR]
by ministopde | 2006-11-12 18:44 | 鞄・革小物店